はじめての受験を成功させたい!人気の小学校受験教室ランキング

top > 学習教室情報 > 子供の小学校受験に関して考えてみた

子供の小学校受験に関して考えてみた

 大切なお子様をより良い環境のもと育てたい。そう感じている方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。またその始めの段階として小学校受験を考える方も多くいらっしゃるでしょう。最近は小学校受験をされるお子様もかなり増えてきましたね。よく駅で塾帰りの子供たちを見かけるようになりました。
 受験に関してはお金がかかるというデメリットと教育としての質を期待できるというメリットを備えています。お子様のことを考えてあげると 少しでも色んな経験や可能性を広げる教育を受けさせてあげたいと思うのが親からの愛でしょう。お子様にとっては小学校受験を受ける目標を立てることや受験に合格する達成感、お友達との対抗意識など大切な経験です。受験の結果はもちろん大切ですが、それまでのプロセスも大切な成長に必要な経験でしょう。今しか味わえない経験や体験をお子様にさせてみてはいかがでしょうか。


 小学校受験により中学以上の受験に影響

 義務教育を利用すれば、中学の卒業までは受験はありません。でも、高校や大学などでは受験が必要になってきます。多くの人が受験をするときに行えば、競争も激しくなります。そのための対策を、何年も行わないといけない場合があり、子供にも負担がかかります。小学校受験を行うことで、中学以上の受験に影響させることができます。大学の付属であれば、場合によってはそれ以降受験なしで大学まで進学できる可能性があります。受験の準備をしないときに受験以外のことができます。
 より充実した学生生活を送れるようになります。大学の付属でなくても、私立中学や私立高校の付属なら、それらの受験が不要になります。高度な勉強ができるところであれば、国公立大学への進学対策などもあり、普通に高校に進学するよりも楽に有名大学に進学できる可能性があります。


 小学校受験で国立と私立の違いを知る

 大学の場合、私立と国立が多いです。市区町村や都道府県が運営する公立はあまりありません。一方で、小学校から高校となると、国立はあまりありません。国立になっているのは、教育大学を持つ大学の付属校です。小学校に入るにも、受験が必要になります。
 小学校受験をするとき、国立にするか私立にするかがあります。受験をする点では共通点がありますが、その他は大きな違いがあります。国立の場合、大学の付属校でも大学までエスカレーター式で進めるわけではありません。女子大学の付属校には男子も行けますが、もちろん女子大には入れません。受験時の選考でも違いがあるとされます。私立ではそれなりに能力をチェックされるので、十分対策をする必要があります。国立の場合、特別な能力より、平均的である方が良いようです。抽選で選ばれることもあるので、能力よりも運が影響することもあります。

次の記事へ

ページトップへ