はじめての受験を成功させたい!人気の小学校受験教室ランキング

top > 学習教室情報 > 小学校受験を経験することで得られること

小学校受験を経験することで得られること

 大学受験の場合、合格できなければ進学ができません。次の年に再受験などが必要になります。中学受験で合格できなければ、公立の中学への進学ができます。小学校受験も同様で、合格できなければ地元の小学校に進学することができます。もちろん受験をするからには合格するのが目標です。目的でもあります。すると、合格できなかった時に非常に残念に感じてしまう人がいるようです。それで人生が終わったように感じる人もいるようです。決して無意味なことはないことを知っておきましょう。
受験の対策をする上で、いろいろな力を身に着けることができます。その力は、公立の学校に行っても生かせる可能性があります。知識を吸収する力であったり、友達とコミュニケーションをとる力などです。それ以降の生活を充実させることができる可能性があります。親自身もいろいろ知ることができるはずです。


小学校受験で親の学歴が影響するか

子どもは親に似ます。体などは遺伝によって似ます。その他生活の態度なども、親の様子を見ながら成長するのでそれなりに似てきます。親がきちんとしていれば子供もきちんとしますし、だらだらしていれば子供もだらだらするでしょう。小学校受験において、親の学歴が影響するか気になることがあるようです。学校によって違いますが、親の出身校などを書かないといけないところがあるようです。ただ、それが大きく影響することはないでしょう。高学歴だから受かりやすい、学歴がないから受かりにくいことはありません。
親として意識したいのは、子供に押し付けるだけでなく、自分自身が子供の見本になるように生活することでしょう。良く親が子供をしつけようとすることがあります。自分の行動が中途半端なのにしつけてもあまり効果がありません。学歴より、今の行動をただすようにするよう心がけましょう。


小学校受験対策で親も指導を受けるようにする

子どもは誰を見て育つかです。通常は親でしょう。ですから、親を見ればその子のこともわかるといわれます。それなりに成長してくると子供なりの個性も出てきますが、小さい頃は親の行っていることをそのまま真似していろいろなことを覚えていきます。小学校受験においては、子供が試験を受けますが、親も面接などを受けます。そして親の対応が合否に大きく影響するとされています。そのことから面接対策などのみ受けようとする人がいます。
就職の時などでも面接対策だけで乗り切ろうとする人がいます。学校側が見ているのは、本質です。ですからいくら面接対策をしたとしても、ちょっとしたしぐさや態度で問題があるとわかったら、合格は難しいでしょう。面接だけでなく、日頃から受験のための対策を受けると良いでしょう。教室などは親用の指導コースなども用意されています。

次の記事へ

ページトップへ